庭

農機具を買取ってもらいましょう│スムーズに行なうためにも

定期的に行ないましょう

芝刈り

芝生はキレイな状態を維持するためには、定期的に芝刈りを行なう必要があります。芝生は成長しすぎると、雑草のような見た目になってしまうため芝生を敷いた意味がないでしょう。ですから、芝生が伸びてきたら芝刈りを行なうようにしてください。この時に注意することがあって、雑草と同じように大きく成長してから刈ろうとしてはいけません。何故かといいますと、その状態で手入れをしてしまうと芝生が枯れてしまうのです。雑草が成長するのは葉の部分だけではなく、葉の下の茎も一緒に成長します。成長してから刈ってしまうと葉がなくなってしまい、白い茎だけが残ってしまい白い芝生になってしまうでしょう。見た目が悪くなってしまうだけでなく、茎は光合成ができないので栄養を得ることができません。そのため、時間が経てば枯れてしまい芝生を失ってしまうのです。このようなことにならないようにするためには、茎が成長しないように定期的に芝刈りをする必要があります。芝生の三分の一をカットすれば茎を切らずに済みますので、極端に短くならないように注意してください。芝生には縦と横に伸びるという性質がありますが、芝刈りをすることによって縦に伸びようとするエネルギーを横のエネルギーにすることができます。横に伸びることによって芝生にすき間ができないようにして、芝生の根元にだけ太陽の光が当たるのです。それによって、地面から雑草が生えてこないように防ぐことができますから、雑草の処理をしなくて済みます。