庭

農機具を買取ってもらいましょう│スムーズに行なうためにも

生えてこないように

手袋

雑草は一度刈っても何度も成長してしまい、その度に処分しないといけませんので手間がかかります。面倒だと感じる人は草取りを行なうことをおすすめします。草取りは草刈りと違って、雑草の根っこごと処分するという方法でこれを行なうことで成長することはありません。根を残さずに処分することができれば、長期間雑草がない庭を保つことができるので草取りをしましょう。この作業を行なう時は雨上がりの後に行なえば、簡単に雑草を抜くことができます。雨が降ることで土は水を吸ってしまうので地面が柔らかくなるのです。地面が固いままだと上手く抜くことができずに、根っこだけ地面の中に残ってしまうという問題が起きます。それでは残った根から新しく雑草が生えてきます。土が柔らかければ根っこごと抜くことができますし、固い地面に比べて力を入れることなく作業を行なえるでしょう。雨が降っていない時はホースなどで庭に水を撒いて、土を濡らして柔らかくしてみてください。全ての雑草を引っこ抜くことは大変ですから、スコップなどでまとめて草取りをしましょう。庭に生えている雑草を全て引っこ抜いた後は、地面に除草剤を散布して雑草の根を枯れさせるようにすることが重要です。除草剤以外にも熱湯をかけることで根っこを枯れさせることができるので試してみてください。こうすることによって雑草のない庭にすることが可能です。ですが、外から雑草の種が飛んでくることがありますから生えてきたらすぐに草取りをすれば簡単にキレイにできます。